理想的な歯並びを実現!大阪の矯正歯科で行われている内容

身体と歯に優しい治療であなたの歯を綺麗に 矯正歯科

アメリカでのワイヤー矯正の流れ

主人の仕事の関係でアメリカに住んでいた時に矯正をしました。元々歯並びは悪くなかったのですが、かみ合わせが深く、上の前歯で下の歯が隠れてしまう過蓋咬合というかみ合わせでした。アメリカでは矯正がとても一般的で、値段も日本に比べると安いです。三か所相談に行き、金額、矯正の種類、先生の雰囲気などから気に入ったところを選びました。歯科により抜歯の有無や矯正の種類も違うので、いくつか相談に行った方がよいと思います。私の場合は下の歯が内側に倒れていて動きにくいので、矯正威力が一番強い表側ワイヤー矯正をお勧めされました。抜歯は必要ありませんでした。初めてワイヤーをつけた日は締め付けられるような、引っ張られるような痛みがかなりあり、慣れるまでに1週間位かかりました。その後は月1で通いました。少しずつ歯が動いていくのは面白かったです。歯が動き、歯の間に虫歯を発見したりもしました。
最後は矯正ゴムバンドを使い治療し、約二年で終わりました。私の歯は後戻りしやすいとの事で毎日夜寝る時にリターナーをつけています。アメリカと日本での矯正の大きな違いは、値段はもちろんですが、アメリカでは日本に比べてハリウッドスマイルに代表される大きいアーチが好まれます。また矯正が一般的な国なので、ワイヤーをしていても人の目を気にする事は一度もありませんでした。歯磨きも楽になり、矯正して本当に良かったです。

INFORMATION

アメリカでのワイヤー矯正の流れ

主人の仕事の関係でアメリカに住んでいた時に矯正をしました。元々歯並びは悪くなかったのですが、かみ合わせが深く、上の前歯で下の歯が隠れてしまう過蓋咬合という…

more

矯正器具をつけての治療

アメリカでは、矯正歯科は絶対的な権力を誇っています。 というのも、アメリカは、歯が命である国というのは、アメリカに行ったことがない人であっても、日本でも耳…

more

矯正のメリットとデメリット

20代後半に二年半ワイヤー矯正をしました。矯正をし満足しているので、デメリットよりもメリットの方が大きいのですが、自分の経験を通しメリット、デメリットをま…

more

歯並びは印象を大きく変える

歯列矯正は、歯並びで長年悩む大人から、まだ大人の歯になる前から、将来の歯並びを考えて整えておきたい子どもまで、いまや沢山の人に需要があります。 歯並びの悪…

more